床を綺麗にするお手入れ方法

定期的に掃除しなければいけない

雑巾で拭くだけでも、フローリングが綺麗になります。 ホコリが溜まっている状態をいつまでも放置していると、フローリングが傷つくので状態が悪くなってしまいます。 正しくお手入れをすることで、長持ちするので頑張ってください。 フローリングは、水に弱い存在です。

ワックスの塗り方を理解しよう

これまで、何となくワックスを塗っていた人がいるのではないでしょうか。 しかし適当な方法で塗っていても、効果を発揮できません。 意味がないので、正しい塗り方を覚えてください。 またワックスを塗るペースも重要です。 塗りすぎも良くないので、ペースを守ってください。

フローリングを大事にしよう

基本的に、フローリングにダメージを与えないように生活を送ってください。 些細なこときっかけで、フローリングが傷んでしまうことが多いです。 飲み物をこぼしたら、すぐに拭くことを徹底しましょう。 家族みんなが大事に扱っていれば、綺麗な状態を維持できます。

乾いた雑巾でフローリングを拭く

毎日拭き掃除をしていれば、フローリングを綺麗な状態のまま維持できると言われています。
フローリングは、水に弱い存在です。
ですから拭く時は、乾いた雑巾を使ってください。
どうしても乾いた雑巾では落とせない汚れが付いている時だけ、固く絞った雑巾で拭いてください。
薬品のついたモップは、変色したり傷んだりする恐れがあるので使わないでください。

ワックスを塗ることで、フローリングにツヤを出したり保護する効果を発揮できます。
半年に1回のペースで塗っていれば、フローリングを丈夫にできるでしょう。
ワックスには水性と油性の、2種類があります。
自宅で使っているフローリングに合っている種類を購入して、塗ってください。
正しい順番で塗らないと、ワックスを掛けてもフローリングが綺麗になりません。
正しい効果を発揮できるように、順番を守りましょう。
もしかしたらこれまでの塗り方が、間違っていたのかもしれません。

普段からフローリングを、大事に扱うことが重要です。
何かをこぼしてしまったら、すぐに拭いてください。
特に飲み物をこぼした場合は、フローリングにダメージを与えるので注意しましょう。
室内に、観葉植物を置いている人も見られます。
フローリングの上に直接、鉢植えを置かないでください。
水が漏れて、フローリングが傷つく恐れがあります。
受け皿を敷いて観葉植物を置くのがベストですね。
フローリングは非常にデリケートな存在だと思って、扱うのが良い方法です。

TOPへ