床を綺麗にするお手入れ方法

>

定期的に掃除しなければいけない

ホコリを取ってから拭く

いきなり、雑巾でフローリングを拭かないでください。
まずはモップや掃除機を使って、表面の誇りを取りましょう。
それから雑巾で拭くことで、汚れを落とせるのでさらに綺麗になります。
洗剤などは、使わないでください。
余計なものを与えると、フローリングが傷つきます。

特殊な洗剤が染み込んだシートを使って、フローリングを拭いている人がいるでしょう。
ですが科学洗剤は良くないので、普通の雑巾を使ってください。
雑巾がけをすると、腰が痛くなってしまう人が見られます。
先端に雑巾を取りつけられるモップを使えば、立ったまま雑巾がけができるのでおすすめです。
掃除しやすくなる道具があれば、毎日の掃除を怠らないでしょう。
自分に合う道具を見つけてください。

濡れた雑巾は極力使わない

フローリングは、水に弱い存在です。
ですから濡れた雑巾を使って拭くと、すぐに状態が悪くなってしまいます。
雑巾がけをするなら、乾いた雑巾を使ってください。
乾いた雑巾では落とせない汚れがあった時だけ、少し雑巾を濡らしてください。
それでも、頻繁に濡れた雑巾を使っているとフローリングが傷みます。

床暖房がある住宅は、掃除する前に切ってください。
しっかり冷めてから、雑巾がけをしましょう。
床暖房のスイッチを切っていないまま水拭きをすると、フローリングだけでなく床暖房システムも異常を起こしてしまいます。
異常が起こったら修理してもらわなければいけないので、余計な費用が発生してしまいます。
注意点を守って、掃除してください。


この記事をシェアする

TOPへ